MAGAZINE

2019.02.12 Feb

商品を引き立たせる「クリアバッグクリアカラー」でラッピング比較検証してみました!

ハンドメイド作家さんの「これほしい!」の声から生まれた商品”クリアカラー”

ハンドメイド作家さんやショップオーナーのみなさんが、ラッピングをする上で一番大切にしていることは「商品がより良く見えること」。商品が主役で、ラッピング商材は名脇役にならなければなりません。クリアバッグ クリアカラーは、片面はクリア(透明)なOPP、背面は商品を惹き立てるこだわりの色を印刷しました。色紙の上に商品を置いたようで、中に入れたものをくっきりと華やかに見せてくれます。

 

そうは言っても、”透明袋と比べてどれくらい違いが出るの?”と、疑問に思うかと思います。そこで今回は、実際に海をテーマにしたオリジナルアクセサリー、インテリアグッズの制作・販売をされているlittle summer様にご協力頂き、クリアカラーラッピングを比較、検証してみました!

 

little summer 様 <WEBサイト(外部サイトへ移動します)

海をテーマにしたオリジナルアクセサリー、インテリアグッズの制作・販売。2019年3月からは、複合型体験エンターテイメント施設 ASOBUILDアソビル3階「MONOTOR Y(外部サイトへ移動します)」でワークショップも実施。

 

実際にハンドメイド商品を入れてOPP袋とクリアカラーの性能を検証!

 (1) 華奢なアクセサリーも背景に沈まず“華奢さ”が際立つ!

透明袋でももちろんラッピングとしては成り立ちます。が、クリアカラー(クールグレー)に入れた時には置く場所に影響されず、アクセサリーをくっきりと華やかに見せてくれました!

 

 (2) 繊細な要素が集まる異素材ミックスも、それぞれの素材を際立たせ高級感を演出!

透明袋に入れると弱くなりがちな白い羽根のアクセサリー。クリアカラー(ネイビー)に入れると羽根の繊細な描写が際立ち、高級感がグッと高まります!

 

 (3)  アクセサリー以外のディスプレイにも。全5サイズ展開。

 

 大ぶりのリースのラッピングも、箱なしでワンランク上の商品に!

 

大きいリースもM(190×280mm)やMA(235×400mm)サイズに入れればこの通り。透明なOPP袋だと少しラッピング感が弱くなりますが、クリアカラー(クールグレー)に入れるとアクセサリーの世界観がギュッと詰まった優しい印象になり、箱なしでもラッピングギフトとして仕上がります!

また、平置きではなく吊るしてのディスプレイも可能になりますので、ブースに高さと華やかさも演出できます。箱よりも低コストで、ブース映えが期待できます。

 

▲拡大写真

 

 (4)  柄物や色物の上でも、クリアカラーなら商品がはっきり目立つ!

 

マルシェに出店する際の環境は様々です。借りる場所の机の色や敷く布、ディスプレイも工夫が必要ですよね。透明袋だと、透けてしまうのでまわりの環境に影響されやすいですが、クリアカラーなら背面に影響されることなくスッと商品に目が行きます。

 

 (5)  マルシェブースをイメージしたディスプレイ比較でも、その差歴然!

 

マルシェに出るときに、ディスプレイを悩む…まとめるのが難しい…という方にも、クリアカラーをおすすめします。クリアカラーでラッピングを統一するだけでブースのイメージがまとまり、自分のブランドイメージがつくれます。ディスプレイ用の小物をたくさん用意しなくても、簡単におしゃれなブース作りができますよ!

 

 Little summer 様の実際のブースづくり

実際にご使用頂いたlittle summer 様からは、「商品のカラー、素材が映えるようになり、ディスプレイの時も華やかになりました!」と嬉しいコメントを頂きました。

 

「クリアバッグ クリアカラー」シリーズでは、商品の良さをより際立たせる4つのカラーバリエーションを展開しています。

 

①青みのあるグレーが、高級感と爽やかな印象を演出する「クールグレー」

②人気のナチュラルカラーがどんな商品とも合う「クラフト」

③商品とのコントラストで、商品を目立たせるビタミンカラー「イエロー」

④ダークカラーが高級感と大人の落ち着きを演出する「ネイビー」

   

 

画像を比較すると、色によってイメージががらりと変わるのがわかります。ぜひ、商品との相性、ブランドのイメージに合わせて商品に合う色をチョイスしてみてください!このクリアカラーで皆様の素敵なラッピング、お店づくりのお手伝いができれば嬉しいです。

 

▼関連記事

低コストで商品をワンランク上に仕上げるラッピング「クリアバッグ クリアカラー」

▸クリアカラー商品一覧はこちら