MAGAZINE

2020.04.27

飲食店はテイクアウト・デリバリーへシフト! 思いついたらすぐできる!他店と差別化できるパッケージアイデア。

個人宅へのフード宅配サービスの充実や、新型コロナウイルスによる感染症の蔓延に伴い、飲食店がテイクアウト対応へと踏み切っています。外出自粛長期化が予測される中、食品デリバリー推進のための支援策を発表する自治体も。飲食店はテイクアウト・デリバリーに力を入れざるを得ない状況です。

これまでテイクアウト・デリバリーを行っていなかった飲食店の方の中には「空間やカトラリーといった“演出”ができない分、食べる楽しみが減ってしまう」と感じる方もいるかもしれません。ですが、テイクアウトでもパッケージで料理を“演出”することができるんです。今回は、オリジナルパッケージを作る時間がなくても、市販品のアレンジで他店と差別化できるアイデアを紹介します。

 

受け渡しの際にひと演出
シンプルな紙袋に一工夫でグレードアップ!

飲食店のテイクアウト袋ににお勧めなのが、シンプルな無地の紙袋シリーズ。中でも自動紐手提袋の白と茶(クラフト素材)は、リーズナブルかつアレンジ次第でオリジナリティが出るのでお勧めです!

 

底幅(マチ)120mm。菓子やパン、1〜3名分のサンドイッチなどのテイクアウトにおすすめサイズ!

紙手提袋 T-2(白) 5枚25枚200枚
紙手提袋 T-2(茶) 5枚25枚200枚

 

底幅(マチ)150mm 。お弁当、菓子、パンとなんでも使える汎用性の高い人気サイズ!

紙袋 T-5W(白) 5枚50枚200枚

紙袋 T-5W(茶) 5枚50枚200枚

 

底幅(マチ)220mm。お弁当箱も安定、4〜8名ほどの大家族へのお届けも。

紙袋 T-11W(白) 5枚50枚200枚
紙袋 T-11W(茶) 5枚50枚200枚

※枚数をクリックで商品ページへ

 

紙袋アレンジアイデア1

ショップカードやメニューカードを紙袋にON!

一番簡単なアレンジは、ショップカードをホッチキスで留めるだけの簡単アレンジ。ショップカードを目に留まる場所につけることで、確実に見てもらうこともできます。また、店頭でのオペレーションもスタッフによって差が生まれにくく、ショップカードでの再来店促進にもつながります。

 

 

 

紙袋アレンジアイデア2

無地の紙袋にメッセージを書いてお届け!

ペンが乗りやすい紙質ですので、メッセージなどを書いてお渡しすることもお勧めです。新型コロナウイルスによる感染症の影響もあり、コミュニケーションの方法が減少しています。手書きのメッセージが一言書いてあるだけで、温かい気持ちになれるはずです。

 

 

 

ボックスに詰めてケータリング風?
「詰め合わせ」を商品化してレストランをそのままお届け!

テイクアウトにもう1アイデア追加したいという飲食店の方にお勧めしたいのが、汎用性の高い箱の導入。セット販売などのアイデアも広がります。箱に詰めることで形崩れを防ぐこともできますよ。

 

 

「詰め合わせ」に最適なボックスを2種ご紹介します。

蓋と箱が一体化したタイプはこちら

イージーボックス ホワイト

そのほかのサイズはこちらからお探しください。

 

 

蓋と箱が離れたタイプはこちら

マルチボックス


そのほかのサイズはこちら
からお探しください。

 

ボックスアレンジアイデア1

レストランをそのままお届け!

普段はコース料理で提供しているという飲食店にお勧めしたいのが、ボックスを使ったコース料理の詰め合わせ。小包装したお惣菜を、前菜からメインディッシュまで詰めることで、箱の中にレストランを再現することができます。

 

ボックスアレンジアイデア2

いろいろ詰め合わせてセットでお届け!

複数種類の詰め合わせにもボックスが使えます。いつものメニューに、紙パックや瓶のドリンクをプラスしたり、デザートをセットしたり。チャリティTシャツやグッズ販売をしている店舗にもおすすめです。

 

 

オリジナルのパッケージを使わなくても、少しの工夫でお客様にあと一歩あゆみ寄るコミュニケーションが可能になります。テイクアウトだからこそできる接客接点を大切にして「またお店に行きたい!」とお客様が思うようなパッケージ演出を楽しんでください。