MAGAZINE

2020.04.16

スッキリ!紙袋を使った冷蔵庫収納に挑戦!

冷蔵庫の中が整理できない…!出し入れが多い分、ぽんぽん放り込んだままで野菜が古くなっている…!?そんなお悩みはありませんか?

そんなときに使えるのが紙袋。紙袋で冷蔵庫の中身を収納してあげれば、汚れたらそのまま捨てられて冷蔵庫の中もスッキリ!SNSでも話題の紙袋収納を実際に試してみました!

 

●使った紙袋はこちら

鈴バッグ8号(巾155×マチ95×丈320mm)/鈴バッグ16号(巾195×マチ120×丈400mm)

  

<BEFORE> 整理前の我が家の冷蔵庫

● 野菜室 上段

本当に野菜をぼんぼん放り込んだだけでお恥ずかしい…!

 

● 野菜室 下段

我が家は米消費が激しいため、米ストックがすごいですね…。

この散らかった野菜室をきちんと整理したい!ということで、早速紙袋を使った冷蔵庫収納に挑戦です。

収納するための紙袋の作り方

➀まず、紙袋の高さをハサミでカットします。切りたい位置に折れ線を付けて。

②ハサミで切ります。

③切った後、口折部分を2回折り、折り目を付けます。

④つけた上の折り目を外側に折ります。

⑤もう一回、重ねるように下の折り目を外側に折ります。

 

これで、袋の完成です!それでは、早速、この紙袋で冷蔵庫収納をしてみます!!

 

<AFTER> 紙袋でスッキリ!冷蔵庫の野菜室収納

じゃーん!上段と下段でごちゃごちゃしていた野菜とストックされていた米達がきちんと整理されました!

泥がついているような玉ねぎやジャガイモはひとまとめにして。にんじんもスッキリ立てて収納ができました。泥ものを冷蔵庫に入れるときは汚れが気になりますが、紙袋なら簡単に捨てられるから気にせずストックができます。

また、紙袋のいいところはその変形性!野菜に合わせて形が変化するので無駄なく隙間なく収納ができます。更に、紙袋は”紙”なので、野菜を保湿、保温する手助けもしてくれます。一石三鳥なアイテムですね。

 

冷蔵庫もスッキリしたことだし…せっかくなら、別の場所も紙袋収納できちんと整理できないか!?そう思い、さらなる紙袋収納に挑戦です!

トイレストックの紙袋収納術

<BEFORE>             <AFTER>

トイレットペーパーも簡単に取り出せるように縦置きにしてみました!なんとT-9Wの紙袋の幅(200mm)にトイレットペーパー2つがぴったりなんです。

よく使う掃除グッズは紙袋にまとめることで簡単に取り出せます。あまり使わない掃除グッズのストックは別の紙袋に入れてクリップ止めをすれば埃予防にもなりますよね。

 

クリップ止めするとナチュラルでかわいいので、見せる収納にも使えそうです。

 

洗濯物グッズの紙袋収納術

<BEFORE>

おさまりきっていないのにとりあえず投げ込んでいるだけで、とても残念な感じです…。これを、スッキリさせたい!ということで…

 

<AFTER>

紙袋のおかげできちんと整理され、一見してなにがどこにあるかわかりやすくなりました!絡まっていた洗濯ばさみも取り出しやすいです。

 

紙袋のおかげで我が家がとても綺麗に収納されました。

紙袋を使ってスッキリ!紙袋収納の3つのメリット

実際に挑戦して私が感じた紙袋収納のメリットは、

➀ 紙袋には、様々なサイズがあるのでスペースに合わせてジャストサイズで好きな仕切りを作れる。

② 汚れたり破れたりしても気にせず入れ替えられる。掃除が楽。衛生的。

③ 買っても安いし、お買い物ついでに手に入るので低コストでそろえられる!

だと思いました。これで、今日から我が家もきちんと整理された空間で生活ができます。

いかがでしたか?身近な紙袋でできるいいこと尽くしの紙袋収納。ぜひ、みなさんも挑戦してみてくださいね!